オーリスタットと一緒にサプリメントを摂取する必要性

オーリスタットは肥満治療薬の一種で、海外で販売されています。服用することで腸管からの脂肪の吸収を阻害し、吸収されずに残った脂肪は大便として排出されます。食欲を抑制する薬ではないので、普段通りの食生活を送れることが出来ます。しかし日本では製造の承認がされていないので、購入する場合は個人輸入などを利用する必要があります。
オーリスタットを服用すると脂溶性ビタミンの吸収を阻害するという副作用があります。脂溶性ビタミンは水には溶けにくいものの脂に溶けやすいので、脂が吸収されないということは脂溶性ビタミンも吸収されないことにつながります。そのため脂溶性ビタミンであるビタミンA、D、E、βカロテンの吸収を積極的に摂取すると良いです。そしてトマトにはβカロテンが豊富に含まれています。昔からトマトが赤くなると医者は青くなる、というほどトマトの栄養価は高いとされていますが、それはビタミンやミネラルが豊富に含まれているからです。そのためオーリスタットを服用する際には生のトマトを一緒に食べれば吸収を阻害されることなく栄養を摂りいれることが出来ます。しかしトマトが苦手な人や毎食トマトは飽きてしまう人もいると思います。その場合は、サプリメントで脂溶性ビタミンを摂取すると良いでしょう。実際、アメリカでは脂溶性ビタミンの補助剤としてサプリメントを服用するように勧告しています。意識して食物から摂取しようとすると思いのほかストレスになることもあります。このストレスがダイエットには大敵なので、少しでも軽減するためにサプリメントという選択もあります。
何を使って栄養を補助するかは自由ですが、オーリスタットを服用する際には必ず脂肪性ビタミンも一緒に摂りいれて下さい。